ルネサンス:ブラックロックのモノフスキ氏採用-ファンド事業再生へ

ロシアの富豪、ミハイル・プロホロ フ氏が株式の50%を保有する同国の証券会社の親会社、ルネサンス・グ ループはファンド事業の再生に向け、米資産運用会社ブラックロック の元マネジャー、プラメン・モノフスキ氏を採用した。

モノフスキ氏によると、ルネサンス・インベストメント・マネジメ ントが資産運用部門と投資顧問部門に分割されることが決定したことを 受け、同氏はルネサンス・アセット・マネジャーズの最高投資責任者 (CIO)に指名された。モノフスキ氏は、昨年5月までブラックロッ クの欧州新興市場ファンドで最大90億ドル(約8200億円)を共同で 運用していた。

モノフスキ氏は16日夜、モスクワからの電話インタビューで「わ れわれの目標は新興市場で指折りの資産運用事業を構築することだ。野 心的な目標だが、それを達成するための戦略もチームもある」と述べ た。

投資銀行のルネサンス・キャピタルでは先週、1995年の設立の際 に共同創業者だったニュージーランド人のスティーブン・ジェニングス 氏が、アジアやサハラ砂漠以南のアフリカへの事業拡張を指揮するため 最高経営責任者(CEO)として復帰したばかり。同氏はルネサンス・ グループのCEOにとどまるほか、米JPモルガン・チェースのニッ ク・アンドルース氏をルネサンス・キャピタルの世界証券部門責任者と して迎えるなど幹部4人を採用した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE