ノーベル賞のマンデル教授:EUはユーロ上昇抑制を-インタビュー

ノーベル経済学賞受賞者でユーロ 誕生の理論上の「父」とされるロバート・マンデル・コロンビア大学 教授は、欧州連合(EU)は強すぎるユーロを受け入れる余裕がなく、 向こう10年間は対ドルで1ユーロ=1.40ドルを上回る上昇を容認す べきでないと述べた。

マンデル教授は17日に放映されたブルームバーグテレビジョン とのインタビューで、EUは「これまで過度のユーロ高への代償を支 払ってきたが、もはやその余裕はない」と指摘。「ユーロ相場の上限を 設定する必要がある」と語った。さらに、1ユーロ=1.25-1.30ドル への下落が「欧州にとって望ましい」との見方を示した。

ユーロは昨年11月に付けた1年ぶり高値の1ユーロ=1.5144ド ルから10%下落し、ユーロ圏からの輸出需要を後押ししている。EU 統計局(ユーロスタット)が17日発表した同地域の昨年12月の輸出 は季節調整済み前月比で3.1%増加した。

マンデル教授は一方、ドルの対ユーロ相場が上昇した場合、米連 邦準備制度理事会(FRB)が米国債の買い入れを再開して景気回復 を下支えすべきだと述べた。「ユーロが一段と下落すれば米政府は国債 購入を増やすべきだ」とし、「ドル高はすでに米企業への痛手となって おり、 景気回復を圧迫するだろう」と指摘した。

マンデル教授は、ユーロが再びドルとパリティー(等価)になる とは見ていないが、2008年にドルが30%急騰したことが重大な金融危 機を引き起こしたとして、米政府は為替相場を「注視する」必要があ ると語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE