MBIAの事業分割めぐる18社の提訴、退ける理由ない-NY州地裁

米バンク・オブ・アメリカ(B OA)やJPモルガン・チェース、スイスのUBSなど大手金融機 関18社が米金融保証会社(モノライン)最大手MBIAを相手取り 同社の事業分割は違法と主張した訴訟をめぐり、この訴えを退ける よう求めていたMBIAの申し立てをニューヨーク州地裁判事が 17日、拒否した。

MBIAは住宅ローン市場での損失を受けて最上級格付けを失 った後、昨年2月に債務保証事業から地方債保証事業を切り離した。 原告側は同年5月の訴状で、MBIAが債務保証事業を分割したの は、保証契約に基づき支払うべき保険金を違法に減額するのが目的 だったと主張している。

マンハッタンにあるニューヨーク州地裁のジェームズ・イェー ツ判事は17日、「今回の訴訟の初期段階において、原告側は訴えの 裏付けとなる事実を主張する必要があるだけであり、提訴の理由と して原告側が主張した内容は十分だ」と語った。

MBIAは、ニューヨーク州のディナロ保険局長(当時)の承 認を受けた事業分離は、地方債の保証事業復帰が目的だったと説明 している。

同社の代理人、マーク・カソウィッツ弁護士は、イェーツ判事 の判断を不服とし、上訴する意向を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE