スペイン:15年債を起債-発行利回りは既発債を上回る

スペインが15年債50億ユーロ(約 6200億円)相当を起債した。発行利回りは既発債を上回る水準に設定 された。

起債にかかわるバンカー1人が明らかにしたところでは、15年債 の発行利回りは4.668%と、指標となるスワップレートを85ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)上回る。ブルームバーグがまとめ たデータによれば、新発債の発行利回りは既存の15年物ベンチマーク 債の利回りよりも12bp高い。

情報が非公開だとしてこのバンカーが匿名を条件に語ったところ では、スペインの新発15年債には投資家から130億ユーロを超える応 募があった。スペインがシンジケート団を通じて起債を行うのは、欧 州の一部諸国の財政赤字の抑制能力をめぐる懸念が市場を混乱させて 以降では初めてとなる。

スペイン政府の見積もりによれば、既発債の借り換えや予算を賄 うため、同国は今年、償還期間が長めの債券970億ユーロ相当を発行 する必要がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE