米住宅差し押さえ対策:ローンの恒久的な返済条件緩和件数が増加

オバマ米大統領の住宅差し押さえ 対策に基づいて恒久的な返済条件緩和が認められた住宅ローン件数の 増加率は、試験的なプログラムのペースを初めて上回った。住宅保有 者向けのこの支援が定着し始めている。

米財務省の17日の発表によると、1月に恒久的な返済条件緩和 を受けた件数は前月比75%増加した。一方、試験的な条件緩和が認め られた件数は約9%増にとどまった。恒久的な緩和を受けた件数はこ れまでに11万6297件に達した。試験的な緩和は83万438件。

住宅ローンの返済条件緩和プログラムは発表から1年近く経過す るが、これまでの実績は当初目標の300万-400万件を下回っている。 財務省はこの日の発表文で、プログラムはオバマ大統領が掲げた目標 達成に向けて順調に進んでいると指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE