欧州株:6週ぶり大幅高-BNPやドイツ取引所の決算を好感

欧州株式相場は上昇。約6週間 ぶりの大幅高だった。仏銀大手BNPパリバと証券取引所のドイツ 取引所の決算がアナリスト予想よりも良好だったほか、米国で発表 された鉱工業生産指数や住宅着工件数が予想を上回ったことが好 感された。

BNPパリバは4カ月ぶりの大幅上昇。同銀は4四半期連続の 黒字決算だった。ドイツ取引所は赤字を計上したものの、赤字幅は アナリスト予想ほどには拡大しなかった。

上場しているヘッジファンド会社で最大手の英マン・グループ も高い。投資家の間では同社が買収の標的になる可能性があるとの 観測が広がった。

ダウ欧州600指数は前日比1.4%高の247.69で終了した。 上昇率は1月4日以来で最大。同指数は過去8営業日のうち7日間 で値上がりした。

プルデンシャル・インターナショナル・インベストメンツ・ア ドバイザーズのチーフ投資ストラテジスト、ジョン・プラビーン氏 は、株式市場は「1月末から2月初めの調整局面から持ち直し、今 年上半期に上昇するだろう。景気の強さを示す経済統計や企業の堅 調な決算が欧州の債務懸念やアジアの金利懸念を打ち消すだろう」 と語った。

BNPパリバ4%高。BNPパリバの2009年10-12月(第 4四半期)決算は、4四半期連続で黒字となった。BNPが17日 電子メールで配布した資料によれば、純利益は13億7000万ユー ロ(約1700億円)。前年同期は同額の赤字だった。ブルームバー グがアナリスト15人を対象に実施した調査では、10億6000万ユ ーロの利益が見込まれていた。

時価総額で欧州最大の取引所であるドイツ取引所は3.7%上 昇。同社の第4四半期の純損益は3300万ユーロの赤字。前年同期 は2億2240万ユーロの黒字だった。ブルームバーグ・ニュースが 7人のアナリストを対象に行った調査では、6630万ユーロの赤字 (予想中央値)が見込まれていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE