ドラギ総裁、ゴールドマン時代にギリシャの契約に関与せず-伊中銀

イタリア銀行(中央銀行)は17 日、米ゴールドマン・サックス・グループが2002年にギリシャ政府 向けにまとめたスワップ契約に関し、当時同社役員だったドラギ総裁 は関与していないとの声明を発表した。

中銀報道官はこの日の電話インタビューで、ドラギ総裁はゴール ドマン在籍時にギリシャ関連のいかなるスワップ契約にも関与してい ないと語った。同総裁は02年から05年までゴールドマン・サックス・ インターナショナルの副会長だった。

同中銀は声明で、イタリアが1990年代に債務管理のために利用 したスワップ契約については、欧州連合(EU)による「監査を受け、 認定された」と説明した。ドラギ総裁は1991年から2001年まで財務 局長だった。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Says Lorenzo Totaro in Rome at +39-06-45206326 or ltotaro@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jeffrey Donovan at +39-06-4520-6330 or jdonovan26@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE