グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

連休明けの香港株式市場では、指標のハンセン指数が2週間ぶり 高値で引けた。商品相場高に反応したほか、世界経済の回復について の見方が改善し買いが膨らんだ。中国の銀行株も高い。

中国の石油大手ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は原油高 を受けて2%上昇。アルミニウム生産で中国最大手の中国アルミ(チ ャルコ、2600 HK)は2.7%高、産銅大手、江西銅業(358 HK)は

1.9%高となった。6品目で構成するロンドン金属取引所(LME) の指数は16日、4.2%上昇した。

中国工商銀行(ICBC、1398 HK)は2.2%高。クレディ・ スイス・グループが、預金準備率引き上げは中国の銀行の融資余力に 大きな影響を与えないだろうとの見方を示したことが好材料となった。 中国銀行(3988 HK)は1.8%上げ、中国建設銀行(939 HK)は

0.7%上昇した。

中国の携帯電話サービス大手、チャイナ・モバイル(中国移動、 941 HK)は海外での買収対象を模索しているとの報道を手掛かりに

1.4%上げた。

ハンセン指数は前営業日比265.32ポイント(1.3%)高の

20534.01と、3日以来の高値。15、16両日は春節(旧正月)の祝 日のため休場だった。中国株式市場は今週いっぱい休場。香港上場の 中国企業で構成するハンセン中国企業株(H株)指数は前営業日比

1.5%高の11708.34で引けた。

【中国株式市況】

中国株式市場は春節(旧正月)の連休のため19日まで休場。取 引は22日に再開される。

【インド株式市況】

インド株式相場は続伸。インド準備銀行(中央銀行)のスバラオ 総裁の発言を受けて、政府が来週発表の予算案に景気対策を盛り込む との期待が高まった。

インド最大の銀行、インドステイト銀行は約3週間で最大の上げ となった。スバラオ総裁は16日、景気拡大の必要性についても検討 する必要があるため、インフレ目標の設定は望ましくないと語った。 国内最大の鉄鋼メーカー、タタ・スチールは過去2カ月余りで最大の 値上がり。同社の欧州部門が黒字化したことが好感された。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比202.23ポイン ト(1.3%)高の16428.91で終了した。

ステイト銀(SBIN IN)終値は1.9%高の1956.85ルピー。タ タ(TATA IN)は6.2%上げ584.35ルピーで引けた。ムカジー財 務相は26日に予算案を発表する。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比100.1ポイント(2.2%)高の

4667.9。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比26.38ポイント(1.7%)高の

1627.43。

【台湾株式市況】

今週の台湾株式市場は春節(旧正月)の連休のため休場。取引は 22日に再開される。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前営業日比35.16ポイント(1.3%)高の

2794.06。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前営業日比5.68ポ イント(0.5%)高の1259.07。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比4.76ポイント(0.7%)高の697.49。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比22.84ポイント(0.9%)高の

2581.34。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比50.96ポイント(1.7%)高の

3018.67。

Editor: Akiyo Kinoshita

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE