インドネシア、初のユーロ建て国債発行計画を延期-欧州財政懸念で

インドネシア政府は、同国初とな るユーロ建て国債発行の計画を棚上げした。一部欧州諸国の財政難で、 ユーロ建て債への需要が後退したことが背景。

インドネシア財務省のワルヤント国債管理局長は17日のインタ ビューで、「ユーロ建て債は明らかにわれわれの念頭にはない。ギリシ ャやスペイン、イタリア、ポルトガルを考慮すると、現時点では想定 外だ。これら4カ国は問題を抱えており、ユーロ市場に対するネガテ ィブな投資家心理の引き金となっている」と語った。

インドネシアは昨年11月、起債通貨の多様化を図り、ユーロ建て 国債発行を検討する意向を表明していた。同国はユーロ建ての代わり にドル建てで20億ドル(約1810億円)規模の起債を実施。ワルヤン ト局長は、年内は円建て外債(サムライ債)やイスラム債の発行を重 視すると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE