今日の国内市況:株が大幅続伸、債券先物3日ぶり反落-円は軟調

東京株式相場は大幅続伸。米国の 経済指標が改善したほか、欧州ではギリシャの財政問題に対する不安 が後退、金融引き締め政策を受けた中国株安に対する警戒感も遠のい た。世界景気の回復持続期待から鉄鋼や海運、電機といった景気敏感 業種が買われ、東芝など原発関連や、ゼネコンを中心にドバイ関連株 も高い。

日経平均株価の終値は前日比272円58銭(2.7%)高の1万306 円83銭と、この日の高値で引けた。TOPIX終値は同19.46ポイン ト(2.2%)高の904.63。

ニューヨーク連銀が16日に発表した2月の同地区の製造業景況 指数は24.9と、前月の15.9から改善。市場予想の中央値18も大きく 上回った。このほか、全米ホームビルダー協会とウェルズ・ファーゴ が発表した2月の米住宅市場指数も17と、昨年11月以来の高水準。 良好な米経済統計を受けて世界景気の二番底懸念が和らぎ、この日の 日本株市場では朝方から景気敏感業種が買いを集めた。

ばら積み船の国際運賃市況のバルチック海運指数が6営業日ぶり に反発、商船三井に対する三菱UFJ証券の投資判断引き上げなどが 支援材料となり、海運株が急伸。新日本製鉄やJFEホールディング スなど鉄鋼株も高く、両業種は東証1部の業種別33指数の上昇率1、 2位を占めた。16日のニューヨーク原油先物が前週末比3.9%高と約 4カ月半ぶりの上昇率を記録したほか、銅や金相場も高く、三菱商事 や住友金属鉱山など資源関連銘柄も収益寄与への期待から買われた。

東証1部の売買高は概算17億5587万株。売買代金は1兆2323 億円で、前日を5割近く上回った。値上がり銘柄数が1403、値下がり は177。

一方、欧州連合(EU)が16日、財務相理事会でギリシャの財政 再建計画を承認したことを受け、外国為替市場ではユーロが対主要通 貨で上昇。東京時間17日は1ユーロ=124円台前半と、前日午後3時 時点よりも2円近い円安水準で推移した。輸出採算の改善期待からホ ンダやキヤノン、コマツなど輸出関連株も高かった。

債券先物が3日ぶり反落

債券先物相場が3営業日ぶりに反落(利回りは上昇)した。米国 株式相場の上昇を受けて国内株価が大幅に続伸したため、約1カ月半 ぶり高値圏に達していた先物市場で売りが優勢となった。一方、投資 家の取引手控えで長期金利は1.3%台前半での小動きが続いた。

東京先物市場の中心限月3月物は前日比変わらずの139円70銭で 始まった。開始後こそ1銭高の139円71銭をつけたが、その後は株高 を受けて小幅なマイナス圏で推移。もっとも、日中の値幅はわずか12 銭にとどまり、結局は9銭安い139円61銭で終了した。

前日の海外市場の株高を受けて日経平均株価が4日以来の水準ま で切り上がったため、債券先物市場は売り優勢の展開となった。米国 ではニューヨーク地区の2月の製造業景況指数が改善したことなどを 手がかりに景気回復期待が高まり、16日にはダウ工業株30種平均な ど主要な株価指数が軒並み上昇した。日経平均株価の終値は272円58 銭高の1万306円83銭。

先物3月物は4日の日中取引で138円69銭まで下落したが、その 後はじりじりと水準を切り上げており、前日には139円76銭と昨年 12月30日以来の高値圏に到達した。

一方、日銀が17、18日の両日に開催する金融政策決定会合に関し て、日銀ウォッチャーの大勢は金融政策の現状維持を予想しており、 市場では債券相場への影響は限定されるとの見方が多い。

現物市場で長期金利の指標とされる新発10年物の305回債利回り は前日比0.5ベーシスポイント(bp)高い1.325%で始まり、日中取 引では1.32-1.325%での小動きに終始した。

305回債利回りは4日の取引で1.38%まで上昇したものの、ここ では投資家の買いが入ったとみられており、15日午前には1月末以来 の低い水準となる1.315%をつけた。もっとも、投資家の多くが新規 の残高積み増しに慎重なため、10年債の利回り1.3%割れへの抵抗感 は強い。

円が対ユーロで約2週間ぶり安値

東京外国為替市場では円が対ユーロで約2週間ぶり安値を付けた。 ギリシャの財政不安を嫌気したユーロ売りに一服感が広がる中、日本 株やアジア株の上昇を背景に低金利で調達通貨とされる円には売り圧 力がかかった。

ユーロ・円相場は一時1ユーロ=124円49銭までユーロ買い・円 売りが進行。前日の海外市場で付けた今月4日以来の円安値をわずか ながら更新した。

円は対ドルでも1ドル=90円台前半で弱含みに推移。一方、ユー ロ・ドル相場は1ユーロ=1.37ドル台後半でユーロが堅調に推移し、 一時は4営業日ぶり高値の1.3782ドルを付ける場面も見られた。

前日の米株式相場はニューヨーク連銀製造業景況指数の予想以上 の改善などを手掛かりに大幅上昇し、投資家の悲観度を映すシカゴ・ オプション取引所(CBOE)のボラティリティ・インデックス(V IX)は約2週間ぶりの水準に低下。17日の東京株式相場も大幅続伸 し、アジアの主要株価指数は軒並み上昇している。

ギリシャのパパンドレウ首相は16日、財政赤字縮小に必要な改革 を実行する準備はできていると表明し、この改革が同国を「近い将来」 に経済的苦境から救い出すだろうとの認識を示した。

ユーロ圏の財務相らはギリシャに対して、財政赤字削減で十分な 進展が見られない場合、3月16日までに新たな削減策を準備するよう 求めている。EU首脳らは先週、ギリシャ支援を表明したものの、具 体的な支援方法を決める前にギリシャが歳出削減を実行することを確 認したい考えだ。

ギリシャの財政不安を背景にユーロは前週末に対ドルで一時

1.3532ドルと約9カ月ぶりの水準まで下落。米商品先物取引委員会 (CFTC)によると、シカゴマーカンタイル取引所(CME)国際 通貨市場(IMM)では、ユーロ・ドル先物取引の非商業部門のユー ロポジションの売り越し幅が今月9日時点で過去最大となる5万 7152枚まで拡大していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE