日本通信株がストップ高買い気配、モトローラがSIM採用

データ通信サービスを手掛ける日 本通信株が前日比1500円(19%)高の9300円とストップ高(値幅制 限いっぱいの上昇)買い気配。午前終了段階の注文状況は買い2万 3100株に対し、売り5705株だった。携帯電話で使われている電話番 号を特定する同社のSIM(Subscriber Identity Module)が、モト ローラ製の搭載のモバイル端末に採用されたため、今後の業績への貢 献を見込む買い圧力が増した。

日本通信は16日、3Gデータ通信、回線交換による音声に対応し たSIMがモトローラ社製の端末「Windows Mobile」に採用されたと 発表した。同社によると、SIMロック・フリーである点が特徴で、 NTTドコモの機種なら同じSIMを使うことができる。顧客の利便 性が高まる上、端末メーカーは開発コスト低減や期間短縮にもつなが るという。

モーニングスターの調査分析部の藤井知明シニアアナリストは 「海外ではロック・フリーは普及しているが、日本では他社に顧客を 奪われないために普及してこなかった」と指摘、国内でも今後ロック・ フリーが進む可能性があるとの見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE