米フォード会長:トヨタのリコール危機めぐる豊田社長の苦悩に同情

米自動車大手フォード・モーター のビル・フォード会長は、トヨタ自動車のリコール(無料の回収・修 理)危機について、豊田章男社長は個人的な問題として受け止めてい るに違いないとの考えを示した。

創業者のひ孫であるフォード会長は16日、「フォードに何か起き ると、それが良いことであれ悪いことであれ、わたしは必ず個人的な 問題として受け止める。彼も同じように感じているに違いない」と指 摘。「ほかの人なら辞任して帰宅し、忘れてしまうこともできるが、自 分の名前が社名になっていて伝統を背負い、情熱を持っているなら、 長期戦を覚悟する」と語った。

昨年就任した豊田社長(53)はトヨタの創業者の孫。フォード会 長(52)はまだ、同社長に助言をしていないという。両氏の誕生日は ともに5月3日。

フォード会長は、デトロイト郊外リボニアの商業会議所で講演後、 「わたしがたった今、彼に電話をする必要など全くないだろう」と説 明。「わたしは彼を高く評価している。優秀な企業首脳だと思う。状況 が少し落ち着いた時に様子を聞いてみたいだけだ」と語った。

豊田社長は17日、新型「プリウス」のリコールの進ちょく状況な どについて東京で記者会見する予定。トヨタが15日発表した。

-- Editors: Ed Dufner, John Lear

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net   Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Keith Naughton in Livonia, Michigan, at +1-248-827-2941 or Knaughton3@bloomberg.net; 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jamie Butters at +1-248-827-2944 or jbutters@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE