【テクニカル分析】原油先物4月限、73ドルに下落も-ニューエッジ

ニューエッジ・グループのテクニ カル分析によると、原油先物相場は上値抵抗線を突破することができ なかったため、上値が「重くなり」下値支持線を探りそうだ。

ニューエッジUSA(シカゴ)の調査担当シニアアナリスト、ベ ロニク・ラシンスキー氏は、23日に期近限月になる4月限について、 11日に1バレル=76ドルをしっかりと上回ることができなかったた め、73ドル近辺の下値支持線を探るとの見通しを示した。

ラシンスキー氏はインタビューで「1月11日以降、日々のチャー トでは高値と安値が切り下がっている。4月限は76ドルをしっかりと 抜けなかったため下値支持線の72.89-73.40ドルを探りそうだ」と 述べた。

ラシンスキー氏によると、次の下値支持線は71.70、71.10、70 ドル。70ドル台前半の下値支持線を割り込むと5日の安値であり昨年 9月以来の安値水準である69.80ドルに下落すると予想される。

終値で76-76.30ドルの上値抵抗線を上回れば、このトレンドは 弱まり77.50ドル、78.50-79ドルに上昇することが示唆される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE