セキュアド株が7カ月ぶり下落率、前期営業益は従来予想比72%減

不動産ファンドの組成・管理が主力 のセキュアード・キャピタル・ジャパン株が一時前日比9800円(11%) 安の8万200円まで下落し、2009年7月13日以来約7カ月ぶりの日中下 落率を記録した。前期(09年12月期)の連結営業利益が前の期比3.5% 増の7億4300万円だったと16日夜に発表。従来予想の27億円を72%と大 幅に下回ったため、失望売りが膨らんだ。運用ファンドに対する同社グ ループの共同投資にかかわる投資資産の減損処理を行ったという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE