【今日のチャート】EUのギリシャ救済は「規模が重要」-BNP

欧州がギリシャ救済を決めるとし たら、財政悪化に見舞われる他国の救済に道を開くことになるため、 欧州諸国は最大3200億ユーロ(約39兆8000億円)の拠出を余儀なく されそうだと仏BNPパリバは試算している。

マーケットエコノミクス部門グローバル責任者のポール・モール ティマーリー氏は「かなり確実に成功する救済計画を立案するには、 対象となる可能性の高い国すべてをカバーする必要があり、それには 大きな額にならざるを得ないだろう」と述べ、「投機家を追い払い、神 経質な債券保有者を安心させるにはある程度の規模が重要だ」と指摘 した。

今日のチャートはBNPが試算したギリシャとポルトガル、スペ イン、アイルランドの必要支援額(赤い棒グラフ)。モールティマーリ ー氏は国際通貨基金(IMF)の最近の支援に基づき、国内総生産(G DP)の20%を目安にした。これに対し、米政府から過去最大の支援 を受けた米保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(A IG)の救済費用(水色の棒グラフ)は1820億ドル(約16兆4300 億円)だった。

欧州連合(EU)首脳会議は先週、ユーロ圏の安定を保証すると 確約したが、ギリシャ支援の具体策への言及には踏み込まなかった。 モールティマーリー氏は「当局者らが言うように、話すだけなら安く 済むが、説得力ある救済の実行は安くはない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE