大林組や鹿島株高い、ドバイ鉄道の建設作業再開と英FT紙伝える

大手ゼネコンの大林組が一時3.7% 高の338円、鹿島株が5%高の210円まで買われるなど高い。アラブ首長 国連邦(UAE)のドバイ首長国の鉄道「ドバイ・メトロ」の建設作業 が再開された、と英紙フィナンシャル・タイムズが16日に報じた。事情 に詳しい関係者2人の情報という。また、日本企業中心のグループとの 間で争われていた20億-30億ドルの支払いをめぐり和解が成立した、と も伝えており、現地プロジェクトにかかわる企業の収益不透明感が後退 する格好となった。清水建設も一時2.4%高の343円、近畿車両も1.3% 高の610円など堅調推移。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE