香港株(終了):上昇、ハンセン指数2週ぶり高値-中国の銀行が高い

連休明けの香港株式市場では、指 標のハンセン指数が2週間ぶり高値で引けた。商品相場高に反応した ほか、世界経済の回復についての見方が改善し買いが膨らんだ。中国 の銀行株も高い。

中国の石油大手ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は原油高を 受けて2%上昇。アルミニウム生産で中国最大手の中国アルミ(チャ ルコ、2600 HK)は2.7%高、産銅大手、江西銅業(358 HK)は1.9% 高となった。6品目で構成するロンドン金属取引所(LME)の指数 は16日、4.2%上昇した。

中国工商銀行(ICBC、1398 HK)は2.2%高。クレディ・スイ ス・グループが、預金準備率引き上げは中国の銀行の融資余力に大き な影響を与えないだろうとの見方を示したことが好材料となった。中 国銀行(3988 HK)は1.8%上げ、中国建設銀行(939 HK)は0.7%上 昇した。

中国の携帯電話サービス大手、チャイナ・モバイル(中国移動、 941 HK)は海外での買収対象を模索しているとの報道を手掛かりに

1.4%上げた。

ハンセン指数は前営業日比265.32ポイント(1.3%)高の20534.01 と、3日以来の高値。15、16両日は春節(旧正月)の祝日のため休場 だった。中国株式市場は今週いっぱい休場。香港上場の中国企業で構 成するハンセン中国企業株(H株)指数は前営業日比1.5%高の

11708.34で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE