商品相場:3カ月で最大の上げ-ドル軟化と原料需要拡大見通しで

商品相場は、ニッケルや銀、銅が けん引し、過去3カ月で最大の上昇率を示した。ドル相場の軟化に加 え、景気回復によって原材料需要が生産を上回るとの見方が広がった。

ニューヨーク連銀が16日発表した同地区の2月の製造業活動は、 ここ4カ月で最も速いペースで拡大した。主要6通貨に対するドル指 数は一時0.9%下げ、代替投資先としての商品の需要を押し上げた。

商品19銘柄で構成するロイター・ジェフリーズCRB指数は

2.6%高の274.77と、昨年11月16日以降で最大の上昇率を示した。 昨年は年間ベースで23%上げた。

TEAMファイナンシャル・アセット・マネジメント(ペンシル ベニア州)で1億3500万ドル(約120億円)相当の運用を手掛ける ジェームズ・デイリー氏は「需要が非常に好調である一方、供給を増 やすのは困難だろう。買いの好機だ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE