米国株:大幅高、決算など好感-11月以降で最大の上げ

米株式相場は上昇。主要株価指 数は昨年11月以降で最大の上げとなった。2月のニューヨーク連 銀製造業景況指数が予想以上に上昇したほか、英銀バークレイズの 決算が市場予想を上回ったことが背景。

USスチールとシェブロンが高い。商品価格の上昇が材料視さ れた。バンク・オブ・アメリカ(BOA)とシティグループは、バ ークレイズの決算を好感し買い進まれた。メルクも上昇。同社の 2009年10-12月(第4四半期)は、利益がアナリスト予想を上 回った。ショッピングモール所有で米2位の商業用不動産大手、ゼ ネラル・グロース・プロパティーズは、買収提案を受けたことが好 感され大きく値上がりした。

S&P500種株価指数は前営業日比1.8%高の1094.87。ダ ウ工業株30種平均は169.67ドル(1.7%)上げて10268.81ド ル。両指数とも上昇率は昨年11月9日以降で最大となった。

ジョンソン・イリントン(ニューヨーク州オールバニ)のヒュ ー・ジョンソン会長兼最高経営責任者(CEO)は、「きょうの相 場の材料は決算だ。全体的に予想を上回った。またニューヨーク連 銀製造業景況指数は、明らかに予想よりも良い結果となった」と指 摘。「2010年がこれまでと違うのは、決算や経済指標が予想を上回 るということだ。きょうの数字はその良い例だ」と述べた。

ギリシャ問題

S&P500種指数は先週、週間ベースで0.9%上昇した。中国 でインフレ抑制に向けた動きが見られたものの、欧州連合(EU) がギリシャの財政赤字削減を後押しする方針を表明したほか、米経 済指標で景気のモメンタム(勢い)が増していることが示されたこ とがプラスに働いた。

同指数の株価収益率(PER、営業利益実績ベース)は18.8 倍と、昨年12月24日に付けた24.5倍(02年5月以来の高水準) から低下している。

S&P500種の構成銘柄の純利益は09年第4四半期に前年同 期比80%増となり、第3四半期まで続いた過去最長となる9四半 期連続での減益にストップがかかるとみられている。

ニューヨーク連銀製造業景況指数

ニューヨーク連銀が16日に発表した2月の同地区の製造業景 況指数は24.9と、前月の15.9から改善した。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値18も上回った。同 指数ではゼロが景況の拡大と縮小の境目を示す。

米石油2位のシェブロンは2.8%高の72.99ドル。サンフォ ード・C・バーンスティーンは、シェブロンの投資判断を「アウト パフォーム」と、従来の「マーケットパフォーム」から引き上げた。 原油相場は、ドルがユーロに対して下落し代替投資先としての商品 の魅力が高まったことから、3.9%高の1バレル=77.01ドルとな った。

米2位の鉄鋼メーカー、USスチールは6.6%上昇の51.14 ドル。AKスチール・ホールディングは6.4%高の23.07ドル。 米会計事務所アーンスト・アンド・ヤング(E&Y)は、鉱山業界 のM&A(企業の合併・買収)の総額が今年、3年ぶりに増加に転 じ、前年比で2倍以上に拡大する可能性があるとみている。中国と インドが原材料の確保を目指していることを理由として挙げた。

BOA、シティグループ

BOAは4.9%高の15.16ドル。上昇率はダウ工業株30種の 構成銘柄中で最大となった。シティグループは4.1%上げて3.31 ドル。

ゼネラル・グロース・プロパティーズは28%高の12.02ドル。 ショッピングモール所有で米最大のサイモン・プロパティー・グル ープは、ゼネラル・グロースを100億ドル余りで買収する提案を 行った。

米製薬2位のメルクは2%値上がりし、37.66ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE