ギリシャ株:3日続落、EUが財政赤字削減へ圧力強化-銀行株安い

3連休明けのギリシャ株相場は3 営業日連続の下落。指標のアテネ総合指数の年初来の値下がり率は 15%となった。欧州連合(EU)加盟国の財務相が同国に財政赤字削 減を求める圧力を強めたのが背景。

アテネ総合指数の終値は前営業日比1.7%安の1866.87。大型株 の指標FTSE・ASE20指数は1.3%安の924.76だった。15日 のギリシャ市場は祝日のため休場。

アテネ総合指数は今年の値下がり率が西欧18カ国の株価指数で 最大。ギリシャの財政赤字や債務をめぐる懸念は金融市場の混乱要因 となっている。

16日にブリュッセルで開催されたEU財務相理事会は、EUと欧 州中央銀行(ECB)当局者のチームがギリシャの財政健全化措置の 「導入状況を検証」するため、今後数日以内にアテネを訪問すると発 表した。

この日は銀行株が下げを主導。国内2位のEFGユーロバンク・ エルガシアスやアルファ銀行、ピレウス銀行が安い。

-- Editor: Andrew Rummer.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Adam Haigh in London at +44-20-7073-3433 or ahaigh1@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David Merritt in London on +44-20-7673-2639 or dmerritt1@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE