米クエストの10-12月:39%減益、顧客の流出が加速

米電話サービスのクエスト・コミ ュニケーションズ・インターナショナルの2009年10-12月(第4 四半期)決算は、前年同期比で39%の減益となった。企業が経費を削 減したほか、固定電話から携帯電話へと切り替える世帯が増え加入者 が流れたことが響いた。

16日の発表によると、人員削減に関連した費用を除いた調整後の 1株当たり利益は8セントとなり、ブルームバーグがまとめたアナリ スト調査と一致した。前年同期は11セントだった。同社は失業増と 「軟調な」住宅市況が売り上げの重しとなったと説明した。

10-12月期の売上高は29億9000万ドルと、前年同期の33億 2000万ドルから減少。純利益は1億800万ドル(1株当たり6セン ト)と、同1億7700万ドル(同10セント)を下回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE