アジア株:上昇、景気改善への信頼感が高まる-金融と資源株高い

16日のアジア株式相場は上昇。 企業決算から経済情勢は改善しているとの信頼感が高まり、金融と資 源株が上げを主導した。

オーストラリア2位の銀行、ウエストパック銀行は6.2%高。 2009年10-12月(第1四半期)決算が増益となった。同国鉄鋼大 手のワンスチールは5.6%上昇。国内需要が改善していると発表した ことが好感された。日本のケーブルテレビ(CATV)最大手、ジュ ピターテレコム(JCOM)は大幅高。住友商事がJCOM株の公開 買い付け(TOB)を実施すると表明したことが材料視された。全日 本空輸は、シティグループ証券による投資判断引き上げを手掛かりに 買われた。

ペンガナ・キャピタル(メルボルン)で11億ドル相当の資産運 用に携わるティム・シュローダーズ氏は「懸念もあるが、企業業績は 世界各地で着実に回復している」と指摘。「マクロ経済の見通しが一段 と確実になれば、バリュエーション(株価評価)の上昇や投資妙味の 高まりにつながるだろう」と語った。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午後3時17分現在、前 日比0.5%高の116.39。日経平均株価は同20円95銭(0.2%)高 の1万34円25銭で取引を終えた。

-- With assistance from Anna Kitanaka, Kana Nishizawa and Satoshi Kawano in Tokyo. Editors: Nicolas Johnson, Sam Waite

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE