日本企業の利益は予想を上回っている-ハチマンのバジャジ氏

ハチマン・キャピタル・シンガ ポールで約1億ドル(約90億円)相当の資産運用に携わるヤシュワ ント・バジャジ氏は、日本企業の収益などについて以下の通りコメ ントした。同氏は16日、都内でインタビューに応じた。

◎日本企業の決算、バリュエーションについて

「リーマン・ショック以後、特に日本企業は積極的にコストを 削減してきた」

「収益は予想を大きく上回っている。例えば、昨年9月にはT OPIX構成企業の収益見通しで今年の増益率2%が見込まれてい たが、現在の市場のコンセンサスは8%だ。われわれは2けた台に 達し、13-14%となる公算が大きいと考えている」

◎ギリシャについて

「債券関連の金融商品への日本企業の直接的なエクスポージャ ー(投融資)は比較的限られている」

「特に家電や一部自動車関連といった特定の産業や、欧州での エアコン販売が大きいダイキンなどの日本企業にとって、為替動向 は大きな影響を及ぼすだろう」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE