東工取:取引時間を深夜に延長-海外市場と裁定取引可能に

東京工業品取引所は16日、ゴムを 除くすべての上場商品の取引時間を延長する方針を発表した。取引終了 時間を現在の午後11時から翌朝の午前4時30分とする。取引が活発な 海外市場を利用した取引を容易にし、市場参加者の利便性を高めるのが 狙い。

時間延長の理由について、長尾梅太郎専務は、「ニューヨークなど 海外市場の取引時間と重なり、裁定取引を行う市場参加者のメリットが 大きい」と説明。さらに深夜は「金の取引高の増加要因のひとつと考え られる為替が変動しやすい」と指摘、同取引所の代表的な商品である金 の取引が活発になるなど、市場の出来高増加が期待できるという。

東工取の取引時間は現在、日中立ち会いが午前9時から午後3時30 分、夜間立ち会いは午後5時から同11時まで。ゴム市場は例外的に午 後7時までとしている。同日、記者会見した江崎格社長は、ゴムの取引 時間について、「終了時間を早めるのか、遅らせるのかを含めて検討し ていく」という。

取引参加者の一部から要望が出ている立会休止時間(午後3時30 分-午後5時)の撤廃については、同取引所の金相場などに連動する上 場投資信託(ETF)などを公表する上での制約などがあり、「撤廃は 考えたことがない」と述べた。

また、3月23日に開設を予定している日経・東工取商品指数市場 については、愛称を「TOCOM NEXT」とすると発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE