菅財務相:消費税の議論すべきでないと言ったことない(Update1)

菅直人副総理兼財務相は16日の 閣議後会見で、消費税率引き上げ議論の前倒しについて「少なくとも 議論をすることまでやるべきではないと、民主党としても与党3党と しても言ったことはない」と述べ、所得税や法人税も含めた税制全体 の検討を始めるべきだとの考えをあらためて強調した。

菅財務相は鳩山内閣発足時の3党合意の中でも「現政権の間は消 費税は上げないと言っているが、議論そのものを封印したとは全くな っていない」と重ねて指摘。来年度予算や税制改正の審議が進む一方 で、納税者番号制度導入に向けた検討準備を始めたことなどから「あ らゆる税についての本格的な議論をそろそろ始める時期ではないかと いうことで申し上げている」と語った。

その上で、政府税制調査会の傘下にある専門家委員会(委員長・ 神野直彦関西学院大教授)に対し、消費税だけではなく幅広く所得税、 法人税などすべての税の議論を要請する考えを明らかにするとともに、 「過去の検証も含めてお願いしたい」との方針を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE