【テクニカル分析】ドル指数、9カ月ぶり高値も-ANZナショナル

ANZナショナル・バンクは、テ クニカル分析を基に、ドル指数が9カ月ぶりの高値に上昇する可能性が あるとみている。

ANZナショナルによれば、ユーロや円を含む主要6通貨に対する インターコンチネンタル取引所(ICE)のドル指数は、チャート上で 55日移動平均線が200日移動平均線に接近する中で、昨年5月19日 以来の高値となる82.66へ上昇する公算がある。55日移動平均線が 200日移動平均線を下から上に抜いた前回2008年9月には、ドル指数 は約14%上昇して3年ぶりの高値を付けた。

日本時間午前10時43分現在、ドル指数は80.272。55日線は

77.808、200日線は78.056となっている。

ANZナショナルのシニアディーラー、アレックス・シントン氏 (オークランド在勤)は「200日線と55日線が交わることはめったに ないが、これが起きた場合は通常、かなり強いトレンドが生まれ、継続 する」と指摘した。

ブルームバーグのデータによれば、ドル指数の目標である82.66 は、08年の安値(70.698)から09年の高値(89.624)に対するフィ ボナッチ級数の38.2%リトレースメント(戻り)に近い水準。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE