英BA、アメリカン航空との大西洋路線提携強化で210億円の増益も

英航空会社ブリティッシュ・エ アウェイズ(BA)の利益は、米AMR傘下アメリカン航空との大 西洋路線の提携強化に関して米独占禁止法の適用除外の仮決定を受 けたことで、年間1億5000万ポンド(約210億円)押し上げられ る可能性がある。

この増益幅見通しは、ブルームバーグ・ニュースが集計したア ナリスト8人の予想平均。BAは航空連合「ワンワールド」のパー トナーであるアメリカン航空と共同で価格設定や販売、国際線の運 航スケジュール作成を実施できるようになり、コスト削減や販売増 加につながるとみられる。

パンミュア・ゴードンの運輸アナリスト、ガート・ゾンネフェ ルト氏(ロンドン在勤)は、「北大西洋路線は非常に重要だ。単なる 路線ではなく付加価値が高い」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE