TIPSに売り圧力、割高感広がる-リーマン破たん以降最大の下落も

米国債市場で、インフレ連動債(T IPS)が2008年の米証券リーマン・ブラザーズ・ホールディング ス破たん以降で最大の下落を記録しつつある。消費者物価の上昇がわ ずかにとどまっている状況で割高感があると投資家はみている。

米資産運用会社ブラックロックや債券ファンドのパシフィック・ インベストメント・マネジメント(PIMCO)、約4兆5000億ドル の運用を手掛けるFAFアドバイザーズはTIPSの売りに動いてお り、相場が今月1.13%下落する一因となった。1月は1.5%、2009 年は10%のそれぞれ上昇だった。今月は、リーマン破たん後の08年 10月に8.47%下落となって以来、最大の下落を記録しそうなペース だ。

4カ月前には、景気回復や8兆2000億ドルに上る米景気刺激策 がインフレにつながるとの懸念からTIPSを買い進めていた投資家 は、方針を転換している。ドル上昇や銀行の融資抑制、世界各国の財 政赤字拡大で世界の経済成長が鈍化しかねないなかで、物価上昇に備 える必要性はほとんどないとの見方だ。

PIMCOのTIPS投信「リアル・リターン・ファンド」(運用 資産156億ドル)を運用するミヒル・ウォーラー氏は「ここ1カ月程 度はかなり積極的に売っている」とし、「今後1年間のインフレ率はマ イナス1%とみている」と指摘した。

少なくとも現時点では、鈍い経済成長や債券市場でのインフレ率 低下懸念によって、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長 やオバマ大統領に刺激策の抑制を求める圧力は弱まりそうだ。ただ、 財政赤字への取り組みを投資家が政府に促す局面に入れば、状況は変 わるとみられる。米政権の試算によると、今後5年間の財政赤字は4 兆3000億ドルに達する見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE