デフレ悪化で日銀へ圧力高まる公算も-今会合は現状維持か

(見出しと全文を差し替えます)

【記者:日高正裕】

2月16日(ブルームバーグ):日銀が17、18日の金融政策決定会 合では、ブルームバーグ・ニュースの調査で有力日銀ウオッチャー16 人の大勢が現状維持を予想した。10-12月の実質国内総生産(GDP) デフレーターが過去最大のマイナスとなる中、金融政策に対して一段 と風圧が高まることが予想される。

昨年10-12月の実質国内総生産(GDP)成長率は前期比1.1% 増(年率4.6%増)と3四半期連続でプラス成長となった。エコカー 減税や家電のエコポイント制度などの政策効果もあり、個人消費は

0.7%増と3期連続で増加。設備投資も1.0%増と7期ぶりに増加し、 内需の寄与度は7期ぶりにプラスに転じた。

ただ、名目GDPは7四半期ぶりのプラスとなったものの、GD Pデフレーターは前年同期比3.0%低下。下落率は前期(同0.6%低下) から大きく拡大し過去最大となった。クレディ・スイス証券の白川浩 道チーフエコノミストは「名目GDPの伸び悩みとデフレの進行で、 日銀に対する追加緩和圧力は一段と高まる」と予想する。

BNPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミストは「内需がよ うやく増加に転じたとは言え、自律回復が始まったとはまだ言えない」 と指摘。「消費刺激策の効果が徐々にはく落するため、消費回復の動 きはいったん滞る可能性が高い」上、生産が低水準での稼働率が続く 中、設備投資も「本格回復に向かうにはまだ時間を要する」とみる。

財政悪化で金融政策頼みに

こうした中、菅直人副総理兼財務相は14日、フジテレビの番組で、 消費税見直し議論を3月から政府税制調査会で開始する考えを示した。 ギリシャなど南欧諸国をはじめ世界的に財政赤字拡大に対する懸念が 高まっていることが背景にある。日興コーディアル証券の岩下真理チ ーフマーケットエコノミストは「次の標的として春以降、日米の財政 赤字がクローズアップされる可能性」に注意が必要だと指摘する。

大和総研の田谷禎三顧問は「日本の財政の悪化がますますはっき りしてきた。歳出削減だけで再建はほぼ不可能だし、過去20年続く税 収減を放置しては再建できないことがはっきりしてきた」と指摘。「消 費税引き上げ抜きの再建プランは困難」であり、こうした状況では「金 融政策に対する期待、要請は強まらざるを得ない」と語る。

東短リサーチの加藤出チーフエコノミストは「日銀は昨年12月に 物価安定の理解を修正して、デフレを許容しない姿勢を明確にしてい るため、今後も何らかの手を打ってくるだろう。企業金融支援特別オ ペが4月以降停止されるが、その代わりに新型オペの増額が2月か3 月の決定会合で決められるかもしれない」と予想する。

長期国債買い入れ増額は危険な政策

ゴールドマン・サックス証券の山川哲史チーフエコノミストも「今 回追加緩和を見送っても、夏場までには追加緩和を余儀なくされる可 能性が高い」と指摘する。モルガン・スタンレー証券の佐藤健裕チー フエコノミストも「デフレ脱却の展望が描けない中、7月の参院選に 向けて政府は日銀に対し緩和要請を強める」とみる。

財政赤字との関連で、長期国債買い入れ増額を見込む声も少なく ない。しかし、BNPパリバ証券の河野氏は「不況による税収減の影 響だけでなく、恒久的な新たな歳出についても国債発行(あるいは埋 蔵金)で資金調達しようとしている状況で、日銀が長期国債買い入れ の増額を行うと、市場参加者はそれを財政ファイナンスと認識するの ではないだろうか。かなり危険な政策だ」としている。 ============================================================= 利下げ予想時期は次の通り(敬称略)

【2010年4-6月】 モルガン・スタンレー証券の佐藤健裕チーフエコノミスト ============================================================= 利上げ予想時期は次の通り(敬称略)

【2011年1-3月】 三菱UFJ証券景気循環研究所の嶋中雄二所長、信州大学真壁昭夫教 授

【2011年4-6月】 第一生命経済研究所の熊野英生主席エコノミスト

【2011年7-9月】 みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミスト、野村証券の松 沢中チーフストラテジスト、シティグループ証券の村嶋帰一チーフエ コノミスト

【2011年10-12月】 日興コーディアル証券の岩下真理チーフマーケットエコノミスト、B NPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミスト、大和総研の田谷禎 三顧問

【2012年1-3月以降】 三菱UFJ証券の石井純チーフ債券ストラテジスト、東短リサーチの 加藤出チーフエコノミスト、モルガン・スタンレー証券の佐藤健裕チ ーフエコノミスト、HSBC証券の白石誠司 チーフエコノミスト、ク レディスイス証券の白川浩道チーフエコノミスト、バークレイズ・キ ャピタル証券の森田長太郎チーフストラテジスト、ゴールドマン・サ ックス証券の山川哲史チーフエコノミスト ============================================================= 無担保コール翌日物金利の予想は以下の通り(敬称略50音順)

                     10   10   10   10   11   11   11   11
                    3末 6末 9末 12末 3末 6末 9末 12末
-------------------------------------------------------------
調査機関             16   16   16   16   16   16   16   16
 中央値             0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.25
 最高               0.10 0.10 0.10 0.10 0.35 0.50 0.50 0.50
 最低               0.10 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05
-------------------------------------------------------------
三菱UFJ 石井     0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
日興コーディアル岩下     0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.30
みずほ証 上野       0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.50 0.50
東短リサーチ 加藤   0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
第一生命経研 熊野   0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.25 0.25 0.50
BNPパリバ証 河野  0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.25
モルガンS証 佐藤      0.10 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05
三菱UFJ景気研 嶋中  0.10 0.10 0.10 0.10 0.35 0.35 0.35 0.35
HSBC証 白石     0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
クレディS証 白川   0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
大和総研 田谷       0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.25
信州大 真壁         0.10 0.10 0.10 0.10 0.30 0.50 0.50 0.50
野村証 松沢         0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.25 0.25
シティG証 村嶋     0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.30 0.30
バークレイズC証 森田   0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
ゴールドマンS証 山川   0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10

アンケート回答期限は15日午前8時。「日銀サーベイ」金利予想、 経済・物価情勢、金融政策の展望コメントを16日朝に送信しています。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE