スペイン:15年債を発行へ、ギリシャの影響見極める試金石に

スペインはユーロ建て15年物ベン チマーク債を発行する。南欧諸国の財政赤字の抑制能力をめぐる懸念 で市場が混乱し始めて以降、スペインが行う最初の起債となる。

欧州の財務相らがブリュッセルで会合を開き、域内最大の財政赤 字の抑制に苦しむギリシャ支援策を協議する中で、スペインは債券発 行を計画している。スペインの財政赤字はユーロ圏で3番目に大きく、 政府見積もりによれば、既発債の借り換えや予算を賄うために今年は 償還期間が長めの債券970億ユーロ相当を発行する必要がある。

バンク・インテルナシオナル・バンカ・モラの資本市場責任者、 イバン・コメルマ氏は「巨額の財政赤字のために圧力にさらされてい るスペインなどの国にとって、債券発行は試金石になる」と話す。

債券発行に関係するバンカーが匿名を条件に語ったところでは、 スペインは同国のバンコ・ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア(B BVA)とサンタンデール銀行、仏クレディ・アグリコルとソシエテ・ ジェネラル、英HSBCホールディングスを引受会社に起用した。ス ペインの財務省当局者はコメントを控えている。

最上級格付け

ブルームバーグが集計したデータによると、スペインの起債は、 南欧諸国による15年債発行としては、ギリシャが昨年11月に70億ユ ーロを調達して以来となる。マークイットiBoxxの価格情報によ ると、ベンチマークとなるドイツ政府債に対するギリシャ15年債の上 乗せ利回り(スプレッド)は262ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)と、発行時の147bpから拡大している。

スペインの現在の15年物ベンチマーク債のドイツ国債に対する スプレッドは63bpで推移しているが、コメルマ氏は「スペインが起 債をやり遂げるには、ドイツ債に対して少なくとも90bpのスプレッ ドを提示すべきだ」と述べた。

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスによるス ペインの格付けは最上級の「Aaa」。これに対して、ギリシャは5段 階低い「A2」となっている。スタンダード・アンド・プアーズ(S &P)は先月、スペインの格付けを最上級から1段階引き下げ、「AA +」とした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE