英不動産値上がり、アイルランドに救いの手-銀行救済策に追い風か

【記者:Dara Doyle】

2月16日(ブルームバーグ):アイルランドの銀行に大きな打撃を 与えたのは国内不動産相場の値崩れだったが、今度は英国の不動産市 場がこれら銀行の救済を支えるかもしれない。

アイルランド政府は今月、救済の一環として銀行から不動産ロー ン債権800億ユーロ(約9兆8000億円)相当の購入を開始する計画。 いわゆるバッドバンクとしてダブリンに設立された国家資産管理機関 (NAMA)によると、ロンドンの名所であるバタシー発電所跡の開 発に絡んだ債権など、購入対象のローン債権の約21%が英国関連だっ た。

約80億ユーロの資産を運用するKBCアセット・マネジメントの エコノミスト(ダブリン在勤)、オーエン・ファーイ氏は「ほとんど偶 然の結果だが、英国がアイルランドを助けている」と指摘。「英国資産 に関連した大きな利益は、アイルランドでの大幅損失を相殺し得る」 と説明した。

英調査会社インベストメント・プロパティー・データバンク(I PD)によると、英国の商業用不動産価格は昨年10-12月(第4四半 期)に前四半期から8.1%上昇した。アイルランドでは同時期に4.9% 下げたという。

アバディーン・アセット・マネジメントの戦略責任者マイク・タ ーナー氏は「これによりNAMAが損失を被るのではなく実際利益を 上げる結果になる可能性は増している」と分析、「アイルランド財務省 にとってはグッドニュースだ」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE