豪ウエストパックの10-12月:増益-融資拡大とデフォルト減少で

オーストラリア2位の銀行、ウエ ストパック銀行の2009年10-12月(第1四半期)決算は、増益と なった。融資の伸びと顧客のデフォルト(債務不履行)減少が寄与し た。

16日付の発表資料によれば、第1四半期の監査前現金利益は約 16億豪ドル(約1280億円)と、前年同期の12億豪ドルから増加し た。融資が前期比で1.7%増えたほか、減損費用は4億豪ドルと同行 の予想を下回る水準にとどまった。

コンステレーション・キャピタル・マネジメント(シドニー)の ファンドマネジャー、ピーター・バン氏は「不良債権サイクルの最悪 期は過ぎている」と指摘。「資金調達コスト拡大局面をほぼ乗り越えつ つある」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE