EU条約、加盟国のギリシャ支援を可能に-ドイツ議会のリポート

ギリシャは欧州連合(EU)条 約の緊急条項に基づくと、他のユーロ圏諸国から金融支援を受ける 資格がありそうだ。ドイツ議会の調査サービスが指摘した。

15日にベルリンで公表されたリポートによると、ユーロ圏各国 政府は自国の予算に全責任を負う一方で、他の条項をみると、EU 各国政府は重大な脅威にさらされているか、「制御できない異例な状 況」に直面している加盟国を支援することが可能だ。政府のデフォ ルト(債務不履行)が差し迫って入れば、こうした状況に該当する とみられるという。

エコノミストらはリポートで、ギリシャなどは金融危機によっ て「財政問題」が悪化したため、デフォルトリスクを抱えていると 主張できると説明。この現状は「異例な状況」に該当する可能性が あると指摘した。

緊急条項は、認められる具体的な支援措置については明確にし ていないという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE