UAE株:続落-不動産企業の赤字決算やドバイ債務再編問題が響く

15日のアラブ首長国連邦(UAE) の株式相場は続落した。資産規模で中東2位の不動産開発会社、アル ダール・プロパティーズが赤字決算を発表したほか、ドバイ首長国の 債務再編問題をめぐる不透明感で投資家が売買を控えたことが響いた。

2009年10-12月(第4四半期)決算で純損益が赤字となったア ルダールは4.1%安と、ほぼ7カ月ぶりの安値となった。09年通期決 算で赤字を計上したドバイ拠点のユニオン・プロパティーズも2%下 げ、少なくともブルームバーグが集計を開始した2001年5月以降では、 終値ベースでの最安値となった。エマール不動産は1%安。

アブダビ証券取引所株価指数は前日比0.6%安の2710.73で終了。 2日間で1.2%値下がりした。ドバイ金融市場総合指数は前日比0.3% 安。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE