イッシング氏:ギリシャ救済すればユーロの信頼性に「大打撃」-FT

欧州中央銀行(ECB)の元理事 (チーフエコノミスト)、オトマー・イッシング氏は、ギリシャを救済 すれば、ユーロの信頼性に「大きな打撃」を与えることになるとの認 識を示した。

イッシング氏は、英紙フィナンシャル・タイムズ(オンライン版) に15日掲載された寄稿文で、「枠組み全体の実行可能性が危機にさら されていることにほかならない」と指摘。「欧州経済通貨同盟(EMU) への参加条件に違反した国々への金融支援は、枠組み全体の信頼性に 大きな打撃を与える」と記した。

欧州連合(EU)首脳は、ギリシャの財政赤字問題に端を発し、 ユーロ圏の南欧諸国に広がっている危機に歯止めをかけようと取り組 んでいる。

イッシング氏は、今ギリシャを救済すれば、EUの規則を破るこ とになり、望ましくない前例を作ることになると指摘。「こうした原則 に妥協は許されない」とし、「ギリシャが救済されれば、ダムは決壊す る」と記述した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE