英国債:10年債利回り5週ぶり高水準に接近-住宅価格上昇で

英国債市場では、10年債利回 りが5週間ぶり高水準に接近した。2月の英住宅の希望売却価格が

3.2%上昇したほか、株式相場の上昇を背景に、国債需要が後退し た。

10年債利回りは3営業日連続で上昇。アナリスト予想による と、16日に発表される1月の英消費者物価は1年前から3.5%上 昇したと見込まれている。英公債管理局(DMO)は今週、インフ レ連動債(表面利率0.75%、2047年償還)の入札を実施する。 発行額と入札日は未公表となっている。

エボリューション・セキュリティーズ(ロンドン)の債券アナ リスト、エリザベス・アフセス氏は「力強かった住宅価格統計とイ ンフレ上昇見通しが当面は注目されるだろう」と述べ、「赤字を背 景とした多数の入札があり、利回りを若干押し上げる可能性がある」 と語った。

ロンドン時間午後4時50分現在、10年債利回りは前週末比2 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し4.06%。12 日には4.09%まで上昇し、先月11日以来の高水準を付けた。同 国債(表面利率4.5%、2019年3月償還)価格は0.14ポイント 下げ103.32となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE