マイクロソフト:携帯向け新型OSを発表-年末までに投入

ソフトウエア最大手の米マイク ロソフトは、携帯端末向けの新しい基本ソフト(OS)「ウィンド ウズ・フォーン7(セブン)シリーズ」を発表した。

スティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)は15日にバ ルセロナでインタビューに応じ、年末商戦を狙って新OSを今年末 までに提供することを明らかにした。サムスン電子や宏達国際電子 (HTC)、LG電子などの携帯電話メーカーに加え、オレンジや Tモバイル、AT&Tを含む携帯電話サービス会社が、新OSへの 「支持を表明する」と述べた。

マイクロソフトは15日、バルセロナで開催されているモバイ ル・ワールド・コングレス(MWC)で新型OSを発表した。

ABIリサーチによると、世界全体のスマートフォン(高機能 携帯電話)市場でのマイクロソフトのウィンドウズのシェアは昨年 10 -12月(第4四半期)に7.9%と、前年同期の12.5%から縮 小した。これに対し、アップルとグーグルはシェアを拡大した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE