インド株(終了):センセックス下落、インフレ加速で-ステイト銀安い

インド株式市場では、指標のセン セックス30種株価指数が下落。インドの1月のインフレ率が1年3 カ月ぶり高水準となったことを背景に、財政・金融面の景気刺激の引 き揚げを政府が迫られる公算が強まった。

インド最大の銀行、インドステイト銀行は1.2%下げた。インド 商工省によると、1月の卸売物価指数(WPI)は前年同月比8.56% 上昇し、インフレ率は昨年12月の7.31%から加速した。国内最大の 携帯電話サービス企業、ブハルティ・エアテルは4カ月余りで最大の 下げ。クウェートの通信会社ザインのアフリカ部門に対する買収提案 が嫌気された。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前営業日比114.24ポ イント(0.7%)安の16038.35で終了。12日のインド株式市場は祝 日のため休場だった。

ステイト銀(SBIN IN)の終値は1895.00ルピー。ブハルティ (BHARTI IN)は9.2%安の285.60ルピーと、昨年10月6日以来 の大幅な値下がりとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE