ロンドン外為:ドルが上昇-ギリシャとドバイの債務問題でリスク回避

ロンドン時間15日朝の外国為替取 引で、ドルが上昇。ギリシャとドバイの債務問題を背景に世界の景気 回復が遅れるとの懸念から、リスク回避のドル買いが入った。

ユーロ圏財務相会合を控えてユーロはドルに対し9カ月ぶり安値 に近い。会合では欧州連合(EU)のギリシャ救済の具体案が示され る可能性がある。アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の政府系 持ち株会社ドバイ・ワールドが、220億ドル(約1兆9800億円)相当 の債務について7年後に額面1ドルにつき60セントで償還する再編 案を提示する可能性があるとのザウヤ・ダウ・ジョーンズの報道もド ル買いの材料になった。

ロンドン時間午前7時3分(日本時間午後4時3分)現在、ドル は1ユーロ=1.3593ドル(ニューヨーク前週末は1.3632ドル)に上 昇。前週末12日には1.3532ドルと昨年5月19日以来のドル高・ユー ロ安をつけていた。ユーロは円に対し1ユーロ=122円52銭(同122 円61銭)。円・ドルは1ドル=90円13銭(同89円96銭)で取引さ れている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE