クリントン米国務長官:イランの核兵器製造の意図、「証拠が蓄積」

クリントン米国務長官は、イラン による核兵器製造の意図を示す「証拠が蓄積されている」との見解を 示した。同長官は中東における対イラン強硬派勢力への支持を強めて いる。

クリントン長官は14日夜、カタールのドーハで開かれた米国・イ スラム世界フォーラムで、イランに核計画の抑制を強いるため、世界 は同国に対し「より大きなコストを課さざるを得ない」と発言。米国 はイランに再考を説得するための新たな措置を準備・実施する狙いで 同盟国と連携していると述べた。

同長官は、イランへの圧力に関する支持を構築するほか、パレス チナに対してイスラエルとの和平交渉復帰を促すためにカタールとサ ウジアラビアを訪問している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE