近鉄株急落で約7年ぶり安値、子会社不正で決算遅れ-監理銘柄指定

近畿日本鉄道株が一時、前週末 比10%安の268円と2003年3月以来、およそ7年ぶりの安値水準に沈ん だ。今月8日に連結子会社の不正経理問題が発覚したことに関連し、10 年3月期第3四半期(10-12月)期決算での特別損失の一括計上を取り やめ、過年度決算を訂正する方針を決めた。この影響で、今期第3四半 期報告書を金融商品取引法に定められた提出期限の2月15日までに提出 できないことになり、決算の遅れを嫌気した売り圧力が強まった。東京 証券取引所では12日、近鉄株式を監理銘柄に指定している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE