ソニー・エリクソン、アンドロイド搭載の新機種発表-シェア奪回で

ソニーとスウェーデンのエリクソ ンの携帯電話合弁会社、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーシ ョンズは14日、米グーグル製基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭 載のスマートフォン(高機能携帯電話)「エクスペリアX10」の新型 2機種を発表した。フィンランドのノキアや米アップルに奪われた市場 シェアの奪回を目指す。

ソニー・エリクソンがバルセロナで開催の携帯電話業界最大の見 本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で発表したのは、 タッチスクリーン機能を搭載した「エクスペリアX10ミニ」と、タッ チスクリーン機能とキーボード(QWERTY配列)を併載した「X 10ミニ・プロ」。同社はまた、家庭用ビデオ機器とコンテンツを共有 できる携帯電話の開発でソニーと協力を強化している。ソニーのハワー ド・ストリンガー最高経営責任者(CEO)が明らかにした。

携帯電話メーカー各社は、自社機向けのアプリケーションソフト (アプリ)を増やし、アップルのスマートフォン「iPhone(アイ フォーン)」やアプリ・ダウンロードサービス「App Store (アップストア)」の勢いにブレーキをかけるため、アンドロイド搭載 機の開発を強化している。英CCSインサイトのアナリスト、ベン・ウ ッド氏によると、MWCで発表が見込まれているのは少なくとも50機 種。その多くはアンドロイド搭載の新機種だ。

ソニー・エリクソンはまた、OS「シンビアン」搭載のスマート フォン「Vivaz」のキーボード版を発表した。

同社によると、3機種は4-6月期に出荷される。

-- Editors: Ben Livesey, John Simpson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net  Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Diana ben-Aaron in Barcelona at +358-9-2512-2684 or dbenaaron1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Vidya Root at +33-1-5365-5018 or vroot@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE