アメリカン航空と英BA:米運輸省が独禁法の適用除外を仮決定

米運輸省は13日、米AMR傘下 のアメリカン航空と英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) について、大西洋路線の提携強化に関する米独占禁止法の適用除外を 仮決定した。

運輸省によると、米航空2位のアメリカン航空と欧州3位のBA は独禁法の適用を心配することなく、航空連合「ワンワールド」とし て共同で価格設定や販売、国際線の運航予定表作成を実施できるよう になる見込み。

ただ仮決定の条件として、両社はロンドンのヒースロー空港の発 着枠の一部を、新たに運航を実施する競合会社に提供しなければなら ない。

運輸省によると、今回の決定は60日間の意見募集期間を経て最 終決定になる見通し。

今回、適用除外の仮決定を受けたのはアメリカン航空とBAのほ か、スペインのイベリア航空、フィンランド航空、ヨルダン航空。欧 州連合(EU)もこうした措置について引き続き検討している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE