短期市場:レポ金利は1週間ぶり低水準、積み最終や年金払い通過で

短期金融市場ではレポ(現金担保 付債券貸借)金利が低下した。準備預金の積み最終日や年金払い日を 通過したことで、銀行が資金運用に前向きな姿勢に転じている。国庫 短期証券(TB)3カ月物入札でも0.12%割れの落札が続く可能性 が出てきた。

15日の東京レポレートは、準備預金の新しい積み期間に入る16 日受け渡しの翌日物(トムネクスト物)が1.4ベーシスポイント(bp) 低下の0.116%、17日受け渡しの翌日物(スポットネクスト物)は

0.7bp低下の0.118%と、それぞれ約1週間ぶりの低い水準になった。

午前の国債買い現先オペ8000億円(17日-24日)は案分・平 均落札金利が前週末より1bp低い0.11%に小幅低下。応札倍率は

3.84倍と4日以来の低い水準になり、足元の資金調達圧力が和らい でいる。

国内証券のTBディーラーによると、レポは0.12%の資金運用 が増えており、市場の資金循環が改善し始めたという。今後は日銀の 金融調節次第としながらも、0.11-0.12%の展開を予想している。

5日の国債発行日から続いていたレポ金利の上昇が一服した。資 金供給を縮小していた日銀も、この日の当座預金を16.9兆円と1月 4日以来の水準まで拡大。準備預金(除くゆうちょ銀行)も11.4兆 円まで増やし、一部の金融機関に資金が偏る「偏在リスク」に備えた。

レポ動向とTB入札

今回の金利上昇局面を経て、レポが実質的な下限0.105%付近で 低位安定していた1月下旬から2月初旬の相場に戻るかは不透明との 見方が強まった。金利が下限に張り付くと銀行の資金運用意欲が減退 し、市場取引が減少するリスクもあるためだ。供給オペに対する証券 会社の依存度が高まり過ぎることも日銀は警戒しているという。

もっとも、巨額のTBが毎週発行される短期金融市場で、証券会 社は日銀の資金供給に依存せざるを得ない面もある。市場関係者によ ると、在庫として積み上がるTBの資金手当ての手段として、レポ市 場から共通担保オペにシフトしている金融機関もあると指摘された。

午後の本店共通担保オペ8000億円(2月16日―3月1日)に は、通知額の5倍を超える4兆3175億円の応札が集まった。応札倍 率は5.40倍と前回(5.15倍)を上回った。最低落札金利は横ばいの

0.11%、平均落札金利は0.111%だった。

国内証券のディーラーは、日銀の潤沢な資金供給に対する期待を 背景に、17日のTB3カ月物入札も投資家の買いたい水準0.12%台 を下回る0.118%付近で決まるディーラー主導の展開を予想してい る。

TB3カ月物の落札利回りは1月20日以降、0.12%を下回って おり、一時0.11%付近まで低下した。しかし、利回り低下で投資家 への販売が進まず、証券会社の在庫が膨らんでいるとの指摘もある。 16日は1年物の入札も実施されるが、今月は6カ月物入札の販売も低 調だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE