ドバイ株:約3週間ぶり大幅安―ドバイ・ワールドの債務再編案報道で

14日のドバイ株式相場はほぼ3週 間ぶりの大幅安。220億ドル(約1兆9800億円)相当の債務再編を目 指すアラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の政府系持ち株会社ド バイ・ワールドが、7年後に額面の6割相当を返済する案を債権者に 提示する可能性があるとザウヤ・ダウ・ジョーンズが伝えたことが手 掛かりとなった。

エマール不動産は5.9%安と今月最大の値下がり。イスラム金融 でUAE銀行最大手のドバイ・イスラミック銀行は4.9%下げ、2カ 月ぶりの大幅安となった。

ドバイ金融市場総合指数は前営業日比3.5%安の1617.51と、先 月26日以来の大幅な値下がり。アブダビ証券取引所株価指数は同

0.6%下落した。

EFGエルメス・ホールディングの株式営業ディレクター、ジュ リアン・ブルース氏は、伝えられた「債務減免規模はかなり大きく、 繰り延べの期間も期待外れだ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE