最も読まれた日本語記事(前週)-首位は「キリン、サントリー決裂」

前週(2月7日-2月13日)に最 も読まれたブルームバーグ・ニュースの日本語記事上位10本は次の通 り。{JREAD}画面に基づき14日夕刻時点で集計(番号をクリックすると 記事が表示されます)。

1.キリンHD、サントリー:統合交渉決裂、比率で歩み寄れず 2.英バークレイズ:日本の投資銀行本部長、須長英明氏退任へ 3.UBS:09年赤字でボーナス返還条項発動-今年分252億円相当 4.EU首脳会合、ユーロ危機沈静へ「強い行動」確約 5.クレディ・スイス:今年は「機を見て」買収も、アドバイザー採用 6.日本株小幅に4日続落、薬品などディフェンシブ安い 7.日本株5日ぶり小反発、ギリシャ懸念後退や機械受注好転 8.日経平均2カ月ぶり1万円割れ、円高警戒で輸出中心売り 9.米国株:下落、ダウ平均1万ドル割れ-欧州財政問題で 10.サントリーの佐治社長:株式上場も選択肢、成長資金調達で

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE