スイスUBS、アムシュワンド氏を新部門トップに-資産流出食い止め

スイスの銀行UBSは同行の元為 替責任者アンドレアス・アムシュワンド氏を、富裕層の資産引き揚げ を食い止める目的で新設する部門のトップに起用した。2009年10-12 月(第4四半期)の資金流出額は前期のほぼ倍に達している。

アムシュワンド氏(49)は12日のインタビューで、投資金融商品 とサービス部門の責任者となり、これまでUBSのそれぞれの部門で 別々だったいわゆる「ミドルオフィス」機能を統合させると話した。 「今年4-6月期までの立ち上げおよび稼働開始が目標」という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE