ウォール街は報酬問題に「鈍感」-ディナロ元NY州保険局長が批判

米ニューヨーク州の元保険局長、 エリック・ディナロ氏は金融業界について、報酬問題に「鈍感」だと 批判し、大手金融機関に実質課税するオバマ政権の提案を支持するよ う同業界に訴えた。

ディナロ氏は12日、ブルームバーグテレビジョンのインタビュー で、ウォール街がいわゆる「金融危機責任手数料」を支持する姿勢を 見せれば、銀行救済のコストを背負った納税者の怒りへの理解を示す だろうと指摘。「国民はクレジットカード債務や学資ローン、自動車ロ ーンを返す必要がある。ウォール街も返済さねばならない」と語った。

さらに、「米国民は政府であれ、金融機関であれ、規模の大きい機 関にかなり懐疑的であることを銀行は理解する必要がある」とした上 で、課金案を支持すれば「米国民への返済が必要であることを理解し ているシグナルになる」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE