新生銀とあおぞら銀:合併断念、経営方針めぐり溝埋まらず-日経

新生銀行とあおぞら銀行は今年10 月に予定していた合併を断念する方針を固めたと、13日付の日本経済 新聞朝刊が報じた。両行幹部がそれぞれ明らかにしたという。両行は 昨年7月に合併を発表したが、経営方針をめぐる意見の溝が埋まらず、 再編による成長戦略が描けないと判断したと伝えている。

報道によると、新生は自力増資の検討に着手し、あおぞらは地銀 との連携を軸に成長を探る方針。あおぞらは個人預金を取り扱う小口 金融(リテール)事業を強化、合併新銀行の社長に内定していた足利 銀行前頭取の池田憲人氏(62)に経営陣入りを打診している。金融庁 は銀行の経営判断を尊重する姿勢で、両行に新たな経営戦略の策定を 促す見通しという。

報道に対して、新生は同日、「当行から発表したものではなく、当 行として決定した事実はない」とのコメントを発表した。

--取材協力:谷口崇子    Editor:Hideki Asai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 白木 真紀 Maki Shiraki +81-3-3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Brian Fowler +81-3-3201-8891 bfowler4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE