NY金(12日):反落、中国準備率引き上げ受けた株安・ドル高で

ニューヨーク金先物相場は反落。 中国人民銀行(中央銀行)が預金準備率を引き上げたことで商品と 株が下げた一方、ドルが上昇したため、金に売りが出た。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE) のドル指数は一時0.9%上昇。ギリシャの財政問題を背景にユーロは ドルに対して下落した。S&P500種株価指数は一時1.4%安。商品 19銘柄で構成するロイター・ジェフリーズCRB指数は今週に入り 初めて下落した。

LGTキャピタル・マネジメントの商品アナリスト、バイラ ム・ディンチェル氏(チューリヒ在勤)は、「金は中国の預金準備 率引き上げとドルの上昇に反応している」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物4月限は前日比4.70ドル(0.4%)安の1オンス=1090ドルちょ うどで取引を終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE